肝臓機能改善

セサミンの健康成分は?

小さなゴマから採れる大きな力を持つセサミン、今多くの人の注目を集めています。
その理由は、ゴマリグナンという健康成分の働きにあります。
ゴマリグナンはゴマの中に含まれる物質の一種で、その中の50%をセサミンが占めています。

このセサミン、普通の食べ物と消化のされ方が違うのです。
普通は食べ物を消化する際に、食道を通って胃腸へ到達します。
そこで分解させるわけですが、セサミンの場合は、門脈で吸収されます。

門脈は静脈です。
ですから、肝臓に直接作用してくれます。
これにより肝臓の働きを高めてくれるのです。

肝臓にいいということは、様々な効果を期待することができます。
とりわけお酒を飲む方は肝機能が向上することにより、二日酔いのダメージが軽減されます。
また基本的に体の毒を倒す役割が肝臓にはあるので、一般のお酒を飲まない人も、大きな助けを得る事ができるのです。

また静脈に働きかけることと、肝臓に働きかける両面の力があることから、酵素が活発化され、余分な血液中の脂肪を退治してくれます。
このように小さなゴマに含まれる、ゴマリグナンという健康成分は非常に大きな働きをしてくれることが分かっています。
セサミンはそのゴマリグナンの半分以上を占める割合なので、多くの効果があるのもうなずけます。

このページの先頭へ