肝臓機能改善

セサミンのサプリメントと飲み合わせの悪い薬はある?

セサミンの仕事は栄養の補充であり、重要な位置は占めません。
もしこれが重要な位置を占める場合、それは一般的に薬と呼ばれることになります。
ですからこの点は安心することができます。

セサミンは健康食品で、健康を促すためのものであり、すぐ健康になれるほどの影響力は持っていないということです。
ですから、相性がいいサプリメントがあり、ともに飲むことで、相乗効果を引き出せるものはありますが、基本的にその効果を打ち消してしまう、もしくは薬の効果を消すということはまず考えにくいと言えます。
そうであるならばセサミンは薬の位置づけにされるはずだからです。

ただ、気をつけたい点があります。
一例を挙げると、ワーファリンという薬に関してはビタミンKが大量に含まれる食材と一緒に摂取しないように医師に言われることがあります。
効果を打ち消すことがありえるからです。

これは例ですが、もしかしたら、セサミンに含まれる成分の栄養価が高いために、ある薬の効果を軽減してしまうことがあるかもしれません。
このような事態を防ぐためには、診察の際に確実にセサミンを摂取していることを伝えた上で医師にあった薬を選んでもらうことです。
そうすれば防げます。
現段階ではないとされていますが、医師に確認がマストです。

セサミンは健康面・美容面ともに嬉しい効果をもたらしてくれる成分ですが、ゴマアレルギーのある方は摂取を控えて方が良いかもしれません。
その理由はhttp://posture.jp/ng.htmlにて解説されていますのでご覧ください。

このページの先頭へ